前面ハゲと背面ハゲ
  • ホーム
  • AGAになる人がやりがちな食生活

AGAになる人がやりがちな食生活

頭髪が薄くなってきて気になっている人

AGAは遺伝の問題だから仕方ないと思ってる方もいます。
確かに遺伝の問題を軽視することはできませんが、しかし、それ以外の要素でも男性型脱毛症になることはあります。
例えば、食生活はその大きな要因の一つです。
食生活が乱れている人は、AGAになる可能性が高くなります。
逆に、正しい食生活をしている人は、AGAを回避できる可能性があります。
あるいは、その症状である抜け毛を軽減することができるでしょう。
なぜなら、食生活というのはAGAや薄毛に大きく関わって入る要因だからです。
というわけで今回は、AGAになる人が陥りがちな食生活についてお伝えします。
抜け毛予防の方法としてまず一つは、たくさん食べることです。
食べることはいいことですが、お腹が膨れてしまうほど食べるのは、頭髪にいいことではありません。
なぜなら、たくさん食べることによって血流を悪くしてしまうからです。
そして血流が悪くなると、酸素と栄養の循環が悪くなり、それによってハゲが促進されてしまいます。
元気な頭髪を維持させるためには、十分な量の酸素と栄養を頭に送らなければなりませんので、血流が悪くなるというのはその点で死活問題です。
こういうわけで、AGAの促進を防ぎたいと思う方は、ぜひたくさん食べることを控えてください。
食べるのは構いませんが、量は腹八分に留めましょう。
次に、脂質や糖分の多い食事を頻繁に行うことです。
油っこい食べ物は口に美味しいのでたくさん食べてしまいがちですが、こうした食事は頭髪にはあまり良くありません。
なぜなら、体にたくさんの脂質や糖分を取り込むことによって、血のめぐりを悪くしてしまうからです。
脂質や糖分も適度には必要ですが、取り過ぎると血流を阻害してしまうので注意してください。
今や育毛は飲み薬などで手軽に出来る時代になりました、食生活で改善できない方は悩まずにAGA治療薬のデュタスを服用して改善されるとよろしいです。
デュタスはDHTの生成を抑え薄毛を防いでくれる作用があります。
デュタスはM字ハゲに効果があると言われているので、このお薬で薄毛を改善してみてください。
また、AGAで代表的な薬といえば世界中で使用されているプロペシアです。
プロペシアの効果は脱毛を防ぎ、髪の毛を強くするのでAGA治療薬としては大変人気な薬です。
悩んでいるなら放っておかずに対策していきましょう。

関連記事