前面ハゲと背面ハゲ
  • ホーム
  • AGAにカップめんが悪くてイソフラボンが良い理由

AGAにカップめんが悪くてイソフラボンが良い理由

AGAにカップめんが良くないとされる原因として、まず、含まれている塩分が髪の成長によって良くないです。
塩分の摂りすぎは、血中の水分量が増加し、高血圧になってしまい、さらに、肝臓の機能も悪くなるので、血行が悪くなってしまいます。
血行が悪くなることで、血液中の栄養が行きわたりにくくなり、また、高血圧によって毛細血管の血行も悪くなってしまいます。
血液や栄養は、他の生命に関わる他の部分が優先となるため、髪に栄養がいかなくなってしまうことで、AGAの症状を悪化させてしまうことに繋がってしまいます。

カップめん以外にも、濃い味のものやジャンクフードなどの塩分が多く油が多いものはAGA予防のためには避けることが大切です。
油分が多い食事は、頭皮の皮脂を過剰分泌させてしまうことで、頭皮の環境を悪化させてしまうため、抜け毛の原因やAGAの促進を促す原因となってしまうので、食生活を見直すことが大切です。

逆にAGAの症状を抑えるものとしてイソフラボンがあります。
イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンによく似た効果があり、AGAの原因である男性ホルモンの分泌を抑制する効果があります。

さらにAGAの原因となる男性ホルモンと結合する還元酵素の抑制作用もあります。
同じく、還元酵素の抑制機能があるプロペシアも似たような効果がありますが、副作用があります。
それに対し、イソフラボンは天然のもののため、副作用の心配がないということもあり安全です。

イソフラボンは、豆腐や納豆、味噌などの大豆食品に含まれているので、毎日の食事に取り入れることがお勧めです。
他にもイソフラボンには、肥満防止や血中コレステロールの上昇を抑制する働きなどもあるため、他にも様々な効果を見込むことができます。

関連記事