前面ハゲと背面ハゲ
  • ホーム
  • AGAの対策をするグッズはべたつきが付きもの

AGAの対策をするグッズはべたつきが付きもの

いろんなAGA対策の製品が販売されていますが、それらのグッズの多くがべたつきを感じることが多いです。
このべたつきというのは、AGAで悩む男性にとって解決しなければならない至上命令でもあります。
その理由はべたつくことによって、頭髪のボリュームが損なわれるからです。
それによって頭髪の薄さが顕著に表れやすくなりますので、なんとしてでもそれを防ぎたいと考える人も多いでしょう。

いろんなグッズが売られていますが、特に発毛剤として人気が高いミノキシジル。
これもべたつきが強い医薬品になっています。
朝と夜に塗布する必要がありますが、夜付けて朝起き、頭皮に指をあててみると、それだけで不快感を感じることが多いです。
ましてその上からミノキシジルを塗布するとなると、二重のべたつきを生んでしまい、本来解決しなければならない至上命令であるボリュームの軽減からかけ離れてしまうことになるでしょう。

それを防ぐいろんな対策がありますが、多くの人は朝に洗髪をする人が多いです。
これによってべたつきを解消することができるでしょう。
ただしそうなると新しい問題も生まれることになります。
洗髪をし過ぎると余分な皮脂まで奪ってしまい、それを補おうと頭皮が余計な皮脂を多く分泌させることになります。
もともとAGAの人は、頭皮の皮脂が多いと言われていますので、そのような環境を作ってしまうと、それだけでべたつきを生んでしまうでしょう。

なかなか難しいのがAGAのべたつき問題です。
最近はミノキシジルのタブレットタイプもあり、それを服用することで頭皮のべたつきを抑えることができます。
ただしミノキシジルのタブレットは使用が認められていませんので、自己責任の服用となります。

関連記事