前面ハゲと背面ハゲ
  • ホーム
  • AGAの症状による、眉毛とつむじへの影響

AGAの症状による、眉毛とつむじへの影響

AGAとは男性型脱毛症のことで、額の生え際や頭頂部であるつむじ周辺の髪の毛がうすくなっていくことです。
思春期以降に症状がではじめますが、原因としては遺伝または男性ホルモンの影響と考えられています。
額の生え際に近い眉毛も薄くなる可能性が高くなります。
どの部分から薄くなるかは個人差がありますが、AGAは進行性なので早めのケアが必要です。

髪の毛には寿命があり伸びては抜け、また生えるということを繰り返します。
この成長期、後退期、休止期をヘアサイクルといいます。
うす毛が目立つようになるのは成長期が短期間になり、髪の毛が十分に育つ前に抜けてしまうからです。
成長期は2~6年間ありますが、AGAの人はこの成長期間が短いのです。
脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)という成分が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くしています。
太く成長した髪が少なくなり、細く短い髪の毛が多くなると目立つようになり、つむじ周辺の地肌がだんだんと見えてくると、人の視線も気になります。

抜け毛は季節により増減があると言われますが、個人差が多く、諸説あります。
また、ワカメやヒジキなどの海草類がAGAに効果があると言われますが、科学的根拠はありません。
髪は皮膚と同じように身体の栄養状態が現れやすい場所です。
毎日の食事や運動などのバランスのとれた生活が大切です。
喫煙によりAGAの進行が早まるということも科学的には証明されていませんが、健康な身体に悪影響を及ぼします。
ストレスがAGAに影響するかということも不明ですが、過度なストレスは自律神経に悪影響を与えます。
生活の中で十分な睡眠をとり、きちんとした食事を心がけ、心身ともに健全な生活を送ることが、健康にそして髪の毛に大切なことです。

関連記事